エコカラットの汚れ落とし

###Site Name###

乾きも早く、季節を問わず快適に使えるエコカラット。
普段からまめに掃除していれば良いのですが、使用後数年が経過すると、黒ずみのような汚れが目立ってくる場合があります。

ホワイトやアイボリーのカラーの場合、とくに顕著です。

バスルームを使用するたびに必ず目につくところですので、できる限りキレイを保ちたいところです。
一般的な住居用洗剤や酸素系漂白剤などで落とせる汚れは、落とせるうちに落としてしまいましょう。


年月が経過すると、蓄積された汚れはどんどん落ちにくくなってしまいます。

酸素系漂白剤は、カビの発生も抑えますので、時々使用することで美しさを保ちやすくなります。


それでもどうしても、通常の掃除では落とせない汚れがある場合、シールをはがすためのスプレーが有効です。
エコカラットが乾いた状態で、シールを剥がすスプレーを汚れに向けて噴射し、10分から20分程度放置したあとに、こすって洗い流します。

NAVERまとめの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

エコカラットにこびりついて取れない黒ずみは、油性の汚れであることが多いため、比較的容易に落とすことができます。

ご注意いただく点として、窓を開けるか、もしくはファンを回しながら作業するなど、十分な換気を行いながら作業してください。
かなり強烈なにおいがします。



また、スプレーが目や口に入らないよう、メガネやマスクを使用するのも有効です。

神奈川のエコカラットの情報をお届けします。

また、初めてご使用になる場合には、目立たない隅の方の箇所であらかじめ試したあとに、エコカラット全体に使用されることをお勧めします。